スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニチアサ感想  2012/2/5

ゴーカイ

う~ん、あともう2話か・・・感慨深いですな。
流れが物凄くジャンプの打ち切りコースに突入した漫画っぽいのがアレですけど。
まぁ最期で詰め詰めなるのは仕方ないかなぁ。
全部のレジェンド戦隊消化してたら余計に尺が足りないだろうし。
せめてもう1か月やれたらなぁと。

では見所をパパっと

・序盤から仲間たちに輪姦されるゆかりん(違

・しかし過去改変とはやたら仰々しい。
 個人的にはここでスーパー戦隊の存在消滅を心配するよりも、
 過去が変わったことによって、
 「自分たち6人が出会わなかったことになる」可能性を心配して欲しかった。
 ザンギャックが存在しない世界、ひいては6人の間の接点が
 丸ごと無かったことになるということですし。

・17歳「最後に言っておく!胸の顔は飾り(ry
 実際にはビーム出してて飾りじゃないんだけどとりあえず。

・肩のパーツは飾りじゃなかったインサーン享年17歳(違
 散り際の「
アクドスギル様ぁぁぁぁ」とか、
 本当に17歳が出せる声じゃなかったなぁ(性的な意味で

・しかしこれ勝ち目あるのか。
 何か龍騎最終回のトンボ野郎クラスの絶望的な数が・・・
 でもとりあえずみんなでスーパー戦隊の名前を覚えよう!

 
フォーゼ
 
見る人によってはエロかったであろうハリケンブルー・・・
だけど今回のは自分ダメだ。
元々クールビューティーが趣味じゃないのもありますが、
個人的にこの人はリリィくらいの明るい役が似合う気がするんだよなぁ。
しかしそれ抜きにしても、
ネタが満載で実に楽しい「フォーゼ」らしい話でした。


・園ちゃん辞職で始まる前に人生が終了した田中

・OPでマグネットスイッチ押す時の弦ちゃんの笑顔が綺麗すぎて吹く

 
ふわふわふわミサイルルルル~

・弦「うっす!俺の進む道は一直せn」
  「曲がり角に気を付けてねはい次」弦「えっ」
 100%ツッコミを待ってただろお前。

・ウサギのぬいぐるみでバイクごっこするJKが可愛い

トラクローや!俺たちのトラクローが帰ってきた!!
 
掛け声が「せいやー」だったりで100%トラを意識してるよね。
 ペガサス戦では案の定役に立って無かったけど

・ジークンドーvsキックボクシング
 何という異種格闘技戦。流石はエロ&アクション担当の坂本監督
 BGMがShooting Starなのもいい感じ。

橘さん、スイッチを失くす。
 おかげで理事長からは遠回しに物凄い嫌味を言われ、
 ヴァルゴからはプレッシャーをかけられる始末。
 このままだと恐怖心溜まってウワァァァァァァ言い出してもずく風呂に浸かるよ絶対。

・部室に貼ってある前回の部員デフォルメシール

・弦ちゃんのリーゼントは静電気感知器。

・ペガサスの言動とか流れ的に考えても、
 今回のスイッチャーは落研の部長だろうなぁ。
 次回予告にある「証言」も嘘臭いし、
 ペガサスの言動も宇津木センセらしからぬものだったし。

キングが史上最高クラスの輝きを発揮した件
 言葉で表現しようとしたけど色んな意味で無理だった。

・抜群の安定感のマグネット
 鉄の多い場所だと圧倒的な強さを発揮。しかしほぼ直立不動。 
 しかしこれほど監督&アクター泣かせのフォームも珍しい。

・バイクにウィンチ引っかけられて「おい!メテオスターに傷が付くだろ!」って、
 流星って意外とそういうの気にするタイプなんだ。

・挿入歌祭り
 Shooting Starに始まりBounce Back、さらにはENDLESS PLAYまで。
 特にENDLESS PLAYに関してはゲーム専用曲だと思ってたので、
 本編での使用は嬉しい限り。

・ボードのアクションいいな
 流石は坂本監督としか言いようのないアクション祭りでした。

そして予告のサラ髪のイケメンお前誰だよ。


スマイルプリキュア

これは神作品の予感。OPの時点でオーラが違う。
作画・キャラ・話の流れ、全ての面で非常にお腹をいっぱいにさせてくれました。
個人的にはやっぱりピンク押しですが赤や緑も良さげなので迷うところ。
視聴して本当に良かったなぁと思える作品です。


OPの時点で既に黄色があざとい。

みゆきのノリがほとんどシャロ
 
開始1分は何かミルキィかと思ってしまった。

・キャンディに対して「タヌキ?」って聞いてたのは、
 中の人的なネタかと思ったのは自分だけですかね。
 (正しくはトナカイですが)

・忙しい人のためのスマプリキャラ説明
 そして1話の時点で既にミューズ並のあざとさのやよいちゃん・・・
 
・本棚を介して別の場所に移動するのを見てると、
 電王のアレ思い出すね。

・ウルフルンさんが抜群のイケメンだった件
 既に巷では人気だそうで。

・イケメン狼が美少女を追い掛け回して食べちゃうぞとか、
 どう見ても同人誌ですありがとうございました。
 そして数日後、やよいちゃんのネームには、
 ウルフルンさんに襲われるみゆきが・・・
までを想像できた自分は末期です。

・変身アイテムの音声が完全にメテオドライバー

変身するときのみゆきの表情にものすごくそそられます。

・キュアハッピーのアビリティ:ジャンプ力
 仮面ライダーの無意味な設定「ジャンプ力20M」を再現するとは・・・
 しかし前番組でトラクローが出てきた分、バッタを思い出すね。

・とりあえず今回は、
 アへ顔と技不発でガチで沸騰したみゆきでお腹いっぱいです

・プリキュアハッピーシャワーが完全に波動砲だった件
 もしくは萌え萌えきゅーん。

・え・・・EDで作画が崩壊してない・・・だ・・・と・・・?


いやもう1話なのにこのボリュームとクオリティ。
面白くなるまでにかなり時間のかかったスイプリと違って、
最初っからかっ飛ばしていくこのスタンス、嫌いじゃないわ!
本当にこれからが楽しみで仕方がないなぁ。
プロフィール

秋

Author:秋
To LOVEる‐とらぶる‐が大好きです。
でもララはもーっと大好きです。
もはやToLOVEる人生そのものなのさ!
と公言してはばからない20歳大学生。


遠征と同人誌購入を繰り返したあげく、
現在絶賛金欠真っ只中。
でもヲタ趣味だけは捨てられない。
結構雑食だったりしますが、
人気タイトルよりもコアな作品が好き。

メインコンテンツは、
・To LOVEる‐とらぶる‐
 (基本ダークネス中心)
・アラクニド
・キャタピラー
・仮面ライダー
・その他いろいろ

トラックバック・リンクフリーです。
してあげたら大いに喜びます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。