スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

To LOVEる‐とらぶる‐ダークネス 第26話「Unconsciously~頭ふわふわ☆心どきどき~」 感想

       ドンマイ秋穂さん



. .: : : : : : : : :: :::: :: :: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    . . : : : :: : : :: : ::: :: : :::: :: ::: ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   . . .... ..: : :: :: ::: :::::: :::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        Λ_Λ . . . .: : :マジゴメン・・・・・・・・ :::::::::::::::
       /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . . .: : : :::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: ::: . :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄ ̄ ̄ ̄


とりあえず秋穂さんは今すぐにでも遊兄さんを誘って飲みに行くべきだと思うの。
そしてここから秋穂さんと遊兄さんの距離が大幅に縮まるっ!・・・・・とはならずに以下感想。







【見所PICK UP】


◆ナナちゃん補習。
 まぁナナの場合もう性格からして勉強嫌いそうだし(そもそも勉強が嫌で地球に来てるわけで)、
 勉強が身に入らず赤点くらって補習なのはまぁ想定内だとしても、
 普段頭ポワポワの芽亜が赤点を回避していたのが衝撃的だった
 
 これはアレなのか、ネメシスの教育の賜物なのか、
 それとも芽亜のポテンシャルが高いからなのか・・・・・・・

 良くも悪くも平均という可能性もあるけれど、
 転入して数か月で地球の勉強をちゃんと覚えたということはやっぱり地味に凄いぞ芽亜ッ!
 相変わらず補習受けてる地球人のリトと比べるまでもなく優秀だぞ芽亜ッ!!






◆「ララさんに気持ちを話して一緒に恋を頑張ろうって事になったけど

 「考えてみたらもしうまくいっても結局結城くんと付き合えるのは一人だけでしょ?

 「同じ人を好きになったら結局競争みたいになるしかないんだよね
 

  お気づきになりましたか


 例え二人で頑張ったとしても、恋愛とは結局取るか取られるかの競争だということに・・・っ!

 
 ・・・うん、普通はそうだよね・・・・・・・・・
 
 
 正直「何を今更」な感じもしなくはないですが、
 好意的に見ればこれが彼女の優しさがどれほど強いかを示すものなんだよねー。


 中学時代からリトのことがずっと好きでいる一方で、
 親友であるララを悲しませたくないというTHE・ジレンマ。
 お互いの気持ちを知ってなお二人で恋愛頑張ろうというララの言葉に勇気づけられるも、
 でもやっぱり同じ一人を好きになっている以上は取るか取られるかの競争になるしかなくて、
 リトの想いもララとの友情も同じぐらい大切なものとして選べないとしてまた葛藤に。

 
 でも流石にこの子に関しては同じところをぐるぐると回り過ぎてる感がしないでも無い。
 ただこの優しさが「西連寺春菜」らしさでもあり、
 「ToLOVEる」という作品のバランスを維持し続けてくれているわけですが・・・・・・
 モモも言っていますが、何せ春菜がリトの本命でありそれが揺るがないのが確定してる以上、
 春菜が自分の想いをリトに伝えるかもしくはハーレムを選んだとしたら、
 もう速攻でこの作品が終わりかねないですし。


 しかしもうちょい自分からアクションを起こせないものか・・・・・
 せめて某キリトさんみたいに「グズグズしてたら発狂しちまいそうだ!(キリッ」とぐらい
 突っ込んでいってほしいものではある。
 真面目な話に戻ると、「一緒に恋を頑張ろう」って言ってくれたのにまだ足踏みを続けるようなら、
 それは逆にララに失礼な気がするのですがどうでしょうか。
 

  
  

      びっくりナナ

      ツインテぴょこぴょこかわいい

      ナナは純情かわいい

           ぐぬぬ
 
前半は何気にナナメイン
 
 春菜にリトとの進展を聞いたり、春菜と恋愛の難しさについて一緒に悩んだり、
 ハーレムの話を聞いて驚いたり「そんなの間違ってる!」とツインテールぴょこぴょこさせてみたり。
 酔っ払った春菜を送っていくリトと同行しようとするもモモに制止されてぐぬぬしたりとああカワイイなもう。
 とりあえずナナはツインテツンツンかわいい。
 


◆地球人(及び動物)とことごとく相性の合わないデビルーク産の飲食物

 過去2回登場した「バーサーカー(DX&スプレータイプ)とか回想で出てきたハーブドリンクとか、
 地球に存在する生命体との相性がことごとくよろしくないのはどうにかならないものかw
 
  









         アウトおー



アウトォーーーーーーーーーーッ!!(乙女的な意味で

 ついにその出番の無さや不遇っぷりに春菜ちゃんがイカれちまったーーーーーーーーッ!!
 ・・・・・・なわけではなく、以前のリトみたくデビルーク星のハーブの効能で酔っ払った感じになっただけ。
 しかしお約束というべきか、こういう真面目で清楚な子に限って酔った時に性質が悪いw
 普段から相当ストレスがたまってたんだろうねきっと!出番の少なさとか
 







     
      ラブリー妄想中?
   
      ピエール☆小木
      


ピ・・・ピエール小木・・・・・・? 






    

       マジメな校長


こ・・・・校長がちゃんと先生してる・・・・・・・・
 
 でもヤミちゃんに反応してパンツ一丁になって突撃するあたりやっぱりいつもの校長で安心したぜ。
 (多分本屋に来た目的はエロ本漁りでしょうしw)
 なお校長の優先順位はヤミちゃん>>>>>>>>>>生徒ですが校長的には何の問題もありません


       校長レーダー


◆ヤミちゃんの鼻は変態もとい校長レーダー。







◆※本日のサービスシーン
 下着姿 
       下着


 ぶっかけ
       ぶっかけ(水)


 イキ顔
       イキ顔

 
 
 濡れ透け
       濡れ透け


 愛撫
       まんまん愛撫


 
・・・・・・・うん、やましいものは何もないから問題ないよねっ♪


しかし好きな女の子に下着姿でベッドに押し倒され、
さらにブラとおっぱいを至近距離でガン見した上に太ももに手を挟まれてまんまん触ったにもかかわらず
気持ちが一切邪な方向に揺らがなかったリトさんの精神力の強さマジパネェ・・・・・・・
まぁ脳裏にララとルンの顔が浮かんだので歯止めがかかったんでしょうけど。



修・羅・場 キターーーーーーーーーーーッ!!


 素晴らしいタイミングで帰宅された秋穂さんとその後のやり取りが完全にギャグ漫画だw 
 そして妹の情事を直前で邪魔しちゃった秋穂さんの落ち込み具合が・・・・うん、そら落ち込むよね・・・・・
 きっと今度は秋穂さんが酔いつぶれる番だね!





       プロストーカーモモ


◆「見てたのか!?」に「もちろん♪」と普通に答えるモモは
 どこかおかしい気がしますがきっと気のせいでしょう。

 「ナナをまく」というセリフや途中とはいえ一部始終をばっちりと目撃している辺り、
 今更ではありますがこういうイタズラスキルが高いのはやっぱりララの妹だなぁと。


 ただ何か「ハーレム計画はムリだよ」に対する返答で、
 「何故春菜が酔っていたにも関わらずあんな話をしたのか?」と
 質問を質問で返して答えをはぐらかしたのはどうかと思いましたが、
 その直前の表情が一瞬無表情のようになったことを考えると、
 実はモモ自身もハーレム計画の無謀さに気付いているような。


 3話前の夏祭りの際にも、「どうしてハーレム計画を推し進めるのか」という質問に
 自分の本当の気持ちを整理しきれず答えをはぐらかしてしまったりしてましたし。


 元々は「自分もお姉さまと同じようにリトに愛されたいから」という動機で始めたハーレム計画ですが、
 自分の気持ちが暴発しそうになったり、リトの質問に戸惑ったり、
 所々せっかちに事を進めようとするあたり次第にモモに余裕がなくなってきている印象。


 「ダークネス」全体で見てみると、
 今回は今までにないような斬新なサービスシーンも、
 目を引くような新しい展開もそれほど無かったように思います。
 無印でもありえた展開(ヒロインが前後不覚になる)や今までの話の整理といった感じが強いかなと。
 ただその分、「ダークネス」の柱である『ハーレム計画』と、
 「ToLOVEる」全体の柱である『リト・春菜・ララの三角関係』の関係性や兼ね合いに触れた、
 結構大事な話だったのではないかと思いました。
 


             その思いは・・・?


その思いは・・・・・・・・・?
 
 
 

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

秋

Author:秋
To LOVEる‐とらぶる‐が大好きです。
でもララはもーっと大好きです。
もはやToLOVEる人生そのものなのさ!
と公言してはばからない20歳大学生。


遠征と同人誌購入を繰り返したあげく、
現在絶賛金欠真っ只中。
でもヲタ趣味だけは捨てられない。
結構雑食だったりしますが、
人気タイトルよりもコアな作品が好き。

メインコンテンツは、
・To LOVEる‐とらぶる‐
 (基本ダークネス中心)
・アラクニド
・キャタピラー
・仮面ライダー
・その他いろいろ

トラックバック・リンクフリーです。
してあげたら大いに喜びます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。