スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮面ライダーフォーゼ 24話「英・雄・願・望」

サイコネタを日曜朝8時にぶっこむ長谷川さん頭沸いてるよ(褒め言葉


カルト集団や正義の皮を被った名誉主義の時点でもう気味が悪かったけど、
今回はそれをはるかに上回る、
というかこの時間帯によく放送できたなと感心するレベルのエグさ。
流石は鬱回に定評のある長谷川さん。

【見所PICK UP】
・流星×友子の即席漫才探偵コンビ
 流星のツッコミと友子の奇行があまりにもマッチしていたので。
 ていうか友子の奇行に真面目なツッコミが入ったのって結構久しぶりな気が。
 最近は賢吾ですらスルーするほど完全に日常化してたもんなぁ。

・「私がキッグナス・・・いや、私たちがガンダムキッグナスだ!!
 何というガンダムOO・・・
 しかしこのミスリードのセリフといい
 次回予告で会長にラストワン状態のスイッチを持たせた映像を流したりと、
 今回は本当に見せ方が本当に上手いなぁと感じます。

 
・どんだけ強いんだよ蟹
 ここまで強い蟹は「カブト」の間宮麗奈(ウカワーム)以来。
 そしてハサミの斬撃はどうみてもメダジャリバーですありがとうございました。

鉄バットを武器に使うライダーは先にも後にもフォーゼだけだと思う。

・仮面ライダー演劇部
 とりあえずチンピラ賢吾の吹っ切れ方が凄まじくて吹いた。
 
あとJK(の中の人)は素直に演技が上手いなと思った。

子供役のユウキがあまりにも違和感が無さすぎた件

・スイッチ使用による特異ケース:2重人格化
 本人の中に眠る英雄願望とスイッチの力が反応し、
 スイッチャーの中にもう一つの人格を生み出した・・・という某尻彦さんもビックリな特異ケース。
 江口がキッグナスに襲われてると思いきや、
 実は江口一人しか映っていなかった・・・って何この世にも奇妙な物語
 ていうかようこんなサイコホラーな話題をニチアサで放送できたなぁ。

・ただスイッチを取り上げるだけでなく、
 スイッチの魔力に打ち勝てるような心の強さを授けることで事件の解決を図る。
 展開としてはWのジーン回に似てるけれど、
 話の構成とか理解しやすさは完全に雲泥の差だと思う。勿論今回の方が上。

カルト集団ダメ、ゼッタイ
 江口を押さえつけて無理やりにでもスイッチを押させようとしたり、
 「私たちには神が必要なんだ」と迫る鳥井崎ミサのセリフ、
 そして降臨したキッグナスにひれ伏し崇める会員とかガチじゃねーかこれ。
 中身たる江口の意思などどうでもいい、
 ただ私たちの心を救ってくれるキッグナスという心の拠り所があればいい。
 正義や親切を叫んでいながら最終的には自分が救われることしか考えていない。
 「祈る人の中身はただのエゴイスト」というのはまさにその通りで。
 

・完全に人質救出用モジュールのマジックハンド

・メテオvsキグナス
 小競り合いからのメテオストライクで終了。「フォーゼ」にしては珍しく地味な戦い。
 BGMにShooting Star使ってくれたら盛り上がったんだけどなぁ。
 そういえば、橘さん監修なのに珍しく最輝星が輝いてなかったね、キグナス。

・フォーゼvsキャンサー
 一方こっちは珍しく弦ちゃんが頭使って戦っていました。
 ウィンチでハサミを封じてファイヤーで遠距離から攻撃・・・ってまんま焼き蟹じゃないか。
 あとこの時の橘さん、絶対内心で「ざまぁwwww」とか思ってたと思う。

・最近の橘さんが立場的にも役割的にもWの尻彦さんに似通ってきた件。
 流石はネタキャラの系譜

・フードロイドたちの相撲を観戦するライダー部。平和すなぁ。

・英雄の道を歩みだした者
 自分の弱さの打ち勝って勇気を手に入れた江口は英雄としての一歩を歩み始めたとさ。
 あと例のカルト集団は解散したとか言っていたけど、
 次は絶対フォーゼを崇めてそうだなぁ・・・


今回江口を中心に話が進んでいたためか、
流星と友子の絡みとか仮面ライダー部とか戦闘とか、
普段のフォーゼではメインに上りそうな話が軒並み中途半端に終わったのが残念だったかな。
一方で二重人格とかカルト集団とかニチアサで取り上げるには、
そこそこエゲツないテーマに挑戦してるという点で中々「ニヤリ」とさせられた話でした。

スポンサーサイト

琉・球・御・殿

二日前になりますが、
バイト先の店長に琉球御殿という居酒屋に連れて行ってもらいました。
http://www.ryukyu-goten.com/index.php


今の店長が前に勤めていた居酒屋だそうで、
お友達の誕生日会に同席させていただきました。
本格的な沖縄料理や沖縄グッズ、沖縄限定商品を取りそろえた、
一風変わった居酒屋です。


ファーストドリンクは『A&Wルートビア
201202212114000


一応ソフトドリンクですが、
店長が「気になったんなら頼めや」と言ってくれたので注文。
『ビア』という名前ですがコーラの一種です。
A&W OKINAWA』という沖縄にしかないファーストフード店のコーラだそうで。
(ちなみにA&Wは日本初のファーストフード店だとか)
詳細→ http://www.awok.co.jp/


味は冗談抜きで「サロンパスみたいな味のコーラ」ですw
いや、実際に店員さんもそう言ってましたw
なんでも病気の友人のために数種類の薬草を混ぜて作られたコーラだそうです。
最初はかなり違和感がありますが、慣れたらかなりイケます。
店内でも120円で一缶買えます。


他に自分がご馳走になったのは、

ゴーヤチャンプルー
A&W カーリーフライ
 (コレ→ http://www.awok.co.jp/menu/detail/curly_fries
・ジーマミー豆腐
タコライス
・オリオンビール いちばん桜
・海ブドウ
日替わりブルーシールアイス(味はジーマミー豆腐味でした


やはり本場だけあって味つけや食材がガチで凄い。
あとオリオンビールの期間限定品『いちばん桜』は、
普通のビールと比べて苦みが少なくてかなり飲みやすくておススメ。
酒弱い自分は最後二口ぐらいのこしたけど


そして備え付けの調味料の中でこんなものが
201202212308000


泡盛に島とうがらしを漬け込んだ調味料で、
感覚としてはタバスコみたいに料理にかけたりして使います。


一度味見させられましたが・・・これ辛いとかそういうレベルじゃねぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ
何これ完全に罰ゲーム用じゃん。辛い通り超えて舌と口に激痛が・・・
一度舐めたら激痛が10分近く舌先を支配して、
当分の間しゃべれないという恐ろしい一品。
なお沖縄出身の店長のお友達はこれをガンガン料理にかけて食ってました。
沖縄の人って凄いね。色々と。
愛しのララならきっと満足して喜んでくれるレベルの辛さでした。


それから楽しく談笑して、店長のお友達の誕生日をお祝いして
さらに(琉球御殿の)店長手作りの誕生日ケーキまで頂くことができた上に、
お金はすべておごりという何とも素晴らしいささやかな飲み会でした。


なかなか面白いお店なので、
気になった方は最寄りの琉球御殿へ飲みに行ってはいかがでしょうか?

To LOVEる‐とらぶる‐ダークネス 番外編「Flower~芽生える感情?~」感想

とりあえず余りにも可愛らしいララが見れただけでもう満足です。


内容としては無印82話のリト豹変回に似てる感じ。
ただToLOVEるの醍醐味である「おバカなノリで発揮されるエロ描写」が加わったことで、
無印のアレよりかは不快感はまだ少なかった方だと思います。
(そもそも個人的に無印82話あんま好きじゃないんで)
ていうか詳しい内容はもうどうでもいいですとにかくララ可愛いララ可愛いララ可愛いララ可愛いララ可愛いララ可愛いララ可愛いララ可愛いララ可愛いララ可愛いララ可愛いララ可愛いララ可愛いララ可愛いララ可愛いララ可愛いララ可愛いララ可愛いララ可愛いララ可愛いララ可愛いララ可愛いララ可愛いララ可愛いララ可愛いララ可愛いララ可愛いララ可愛いララ可愛いララ可愛いララ可愛いララ可愛いララ可愛いララ可愛いララ可愛いララ可愛いララ可愛いララ可愛いララ可愛いララ(ry


ララ可愛いよララ的な見所PICKUP
お風呂ポスターのララのおっぱいとくびれと腰回りぶひぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!!!!
 何気に嬉しいのがおっぱいの大きさがちゃんと設定どおりの大きさをしてるってこと。
 最近はどう見ても唯の方がデケぇだろって描写が多かったので。
 
あと、ララ特有の独特の肉感(むっちり体系)が表現されているのも最高だぜ!!

扉絵の視姦プレイに困惑するララにもぶひぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!!!!
 
このお腹からまんまんにかけてのぷっくり具合と
 残されたニーソと絶対領域と胸を隠そうとする手とかパンツの向こう側に見えるお尻とか
 あらゆる部分に凝縮されたララの魅力に妄想と手が止められません。

 
すけすけゴーグルくん着用のリトに視姦されて悶えて恥ずかしがるララぶひぃぃぃぃぃ(ry

・すけすけゴーグルくんの効果で上から下まで裸のララぶh(ry

・鎖骨とくびれとお尻とふとももを全力でペロペロしたい。

・微妙に上目使いで困惑してるあどけなさの残る顔を全力でペロぺr(ry

・メレンゲのようなふんわりふっくらとしたおっぱいを全力d(ry

 
・個人的にはリトに様々なポーズ取らされて視姦プレイされてるシーンは、
 あと2ページほど詳しく書いてもらいたかったのですが、
 一方でこれ以上外道なリトにララを(目で)犯されていると考えただけで
 本気でリトをチェーンソーにかけてやろうかという思いが湧き上がってくるのでやっぱいいです。

・あと前にくるくるロープくんで縛られてた時の反応もそうなんだけど、
 今回みたく「恥ずかしいんだけど逆らえなくて感じちゃう」反応をしがちなララに、
 素晴らしいMの素質を感じて仕方が無い今日この頃です。
 (Sな自分としては)こんな風に可愛い反応されちゃうともう、ね。
 とりあえずロープくんで縛って尻尾苛めて言葉責めでなじりたい

・普段は周囲を引っ掻き回すトラブルメーカーな一方で、
 逆に強く押された時の耐性がものすごく弱い、っていう一面は、
 普段の無邪気な性格も含めてララの「お子ちゃま」な性格を表しているんだなぁと実感。

ティーカップをお上品に両手で支えて持つララにもブヒるのを忘れてはいけない。


【その他見所PICK UP】
・お花屋さんセリーヌ
 「幼児退行してる」って割にはデダイヤル使ったりモモに説明したりと結構賢いなー。
 あとデダイヤルはお子様の手の届かないところに保管しましょう。

・新井さん(揉まれ子)の裸って無印4巻以来な気がする。
 白百合さんは初めて・・・かな?

里紗のお尻は安産型。

・今日の矢吹神
 飛び込みくぱぁ瞳孔まんまんを同時に再現するという奇跡のコンボ技を披露。
 そしてその技は娘へと・・ていうか完全に意識して描いてたんだ瞳孔のアレ。

・リトが持ってたカニ型メカって「らぶから!」のポスターにいたアレだよな・・・

・今回のモモが胸と股を隠してたのは、
 「下心しか無い輩に裸を見られるのが嫌」っていうことなんだろうな。
 本当に愛している人にしか裸を見せたくないっていう純情さの証。

・今回のモモの言い分に関してー
 「『女性に対する大いなる優しさと尊敬』があるからこそ全ての女性を平等に愛してくれる」
 「自分の欲望のためではなく、本当の愛情を持って愛してくれるからハーレムが可能」
 「自分の欲望を満たすために女性を襲う野郎にハーレム組む資格は無いよ」ってことか。


まぁ正直今回は内容に関してはどうでもよくて、
とりあえず余りにも可愛らしいララが見れただけでもう満足です。

To LOVEる‐とらぶる‐ダークネス 第16話「The right thing~生き方って何?~」 感想

本当に久々のToLOVEる感想です。
とりあえずSQ19の番外編が出る前にやっておかねばと。

ちなみに香川の高松では、SQ本誌は発売日の1日前に発売されるにも関わらず、
SQ19は発売日かその1日遅れで発売されるという不思議なシステムになっています。
なお、単行本発売は常に発売日から1日遅れ。なんだかなぁ。


前置きはともかく、
【今回のキャラ別見所PICK UP】

【モモ】
・今回は随分子供っぽい描かれ方をされていたなぁと。
 ティア―ユに「優しい友達」と言われた時のリアクションとか、
 トイレでハンカチ咥えてたりヤミちゃんとティアの発育差に思いを馳せる時の顔とか。
 絵の仕様もやたら丸みを帯びていたり、
 性格的にもララみたいに無邪気な感じが強かった印象。

・しかし一方で「育ちや環境で(バストに)差がでるのかしら同じ遺伝子なのに」と
 無意識で言葉のデッドボールを披露するナチュラルなドSっぷりが最高です。
 多分ナナ辺りにも同じようなこと言ってそうな気がする。
 

・戸惑う芽亜に対して「私人見知りで友達少ないですから」とカミングアウト。
 てか人見知り以前に「この」性格だとリアルに女子の友達いないだろうなぁこの娘・・・

【ティア】
リトに匹敵するズッコケ体質
 
矢吹作品で考えるとそもそもティアの方が元祖なのか。
 しかしお静ちゃんの足につまづいてコケるのを見てると思い出すねぇ、
 スヴェンにダークマターとコーヒーを一回ずつぶちまけた黒猫のあの話。

・あからさまにティア狙ってきた芽亜に対しても恐れを抱かず話をしようとしたり、
 芽亜も自分の妹として迎え入れようとしたりと、
 エロ耐性が低い割には度胸がかなり据わってるなぁと思った。
 前回では終始オドオドしてた感じだったからちょっと驚き。

・「それでわかってもらえるのなら」とリトに芽亜のペロペロプレイを平気で勧めたあたり、
 ガチでそっち方面の話題に疎いんだなぁこの人。生物学専攻なのに

【芽亜】
・ヤンデレよりかはヤキモチ焼く子供のようだった芽亜
 前回ラストの飴バキの予想とは打って変わって、
 今回は何かヤミちゃんと明確な絆を築いているティアに対する嫉妬がありありだったというか。
 「マスターから命令が出ればあなたなんて一瞬で・・・」なんていうセリフも、
 聞き様によればケンカに負けそうになった子供の負け惜しみっぽく聞こえるし。

・トランス能力製の衣服
 ヤミちゃんですら時間制限ありの衣服トランスを長時間維持、しかも瞬時に変換可能。
 ふと思ったけど、これとペケどっちが先に完成したんだろう。
 ララが凄いのか、それとも第2世代型のトランス能力が凄いのか。
 (ララの場合は若干12歳であんな多機能のロボを作れる時点で十分凄いけど)

・ていうかマスターは芽亜を好き放題させすぎ。
 余りにもナナたちと一緒にさせ過ぎた結果、
 兵器が一番持っちゃいけない「心」の概念を持ってるし、
 全身を舐め尽くされる快感を忘れられなくなってるし。
 
それでも兵器としての認識を絶対に忘れないとタカをくくってるのか。

【お静ちゃん】
・芽亜の精神に潜り込んだばっかりにトラウマ級の恐怖に遭遇したり、
 謎の触手に体を縛られたり途中完全に存在を忘れ去られていたりと、
 なんかここ最近ロクな目にあってない気がする。

【リト】
・芽亜は「人の心なんてそう簡単に変わるものじゃない」と言っていたけれど、
 妄想で母娘丼+ソーププレイ+パイズリとかリトは超変わったと思う
 パンツと水着だけでフットーしてた頃がまるで嘘のよう。
 ていうかその妄想に至る「材料」ってどこで仕入れてるのか・・・モモ経由?

【その他】
・ダークネスでは2度目のララ不在回。
 SQ19のお風呂ポスターと番外編に期待。

「古手川」は宇宙人に覚えられにくい苗字ベスト1。
 

更・新・再・開

テストが終わって一段落しましたので一応ご報告を。
確実に民法入門落としてしまった・・・うん、自業自得なんだ。


ニチアサはスマプリ以外まだ見れてません。日曜はサークルだったので。
(スマプリはネット経由で視聴)

明日は午前中完全にフリーなので、朝に見て感想も書けたらなぁと思います。
あとそろそろ今月号のToLOVEるダークネスの感想も・・・


今からバイト行ってきます。
それでは。

ニチアサ感想  2012/2/5

ゴーカイ

う~ん、あともう2話か・・・感慨深いですな。
流れが物凄くジャンプの打ち切りコースに突入した漫画っぽいのがアレですけど。
まぁ最期で詰め詰めなるのは仕方ないかなぁ。
全部のレジェンド戦隊消化してたら余計に尺が足りないだろうし。
せめてもう1か月やれたらなぁと。

では見所をパパっと

・序盤から仲間たちに輪姦されるゆかりん(違

・しかし過去改変とはやたら仰々しい。
 個人的にはここでスーパー戦隊の存在消滅を心配するよりも、
 過去が変わったことによって、
 「自分たち6人が出会わなかったことになる」可能性を心配して欲しかった。
 ザンギャックが存在しない世界、ひいては6人の間の接点が
 丸ごと無かったことになるということですし。

・17歳「最後に言っておく!胸の顔は飾り(ry
 実際にはビーム出してて飾りじゃないんだけどとりあえず。

・肩のパーツは飾りじゃなかったインサーン享年17歳(違
 散り際の「
アクドスギル様ぁぁぁぁ」とか、
 本当に17歳が出せる声じゃなかったなぁ(性的な意味で

・しかしこれ勝ち目あるのか。
 何か龍騎最終回のトンボ野郎クラスの絶望的な数が・・・
 でもとりあえずみんなでスーパー戦隊の名前を覚えよう!

 
フォーゼ
 
見る人によってはエロかったであろうハリケンブルー・・・
だけど今回のは自分ダメだ。
元々クールビューティーが趣味じゃないのもありますが、
個人的にこの人はリリィくらいの明るい役が似合う気がするんだよなぁ。
しかしそれ抜きにしても、
ネタが満載で実に楽しい「フォーゼ」らしい話でした。


・園ちゃん辞職で始まる前に人生が終了した田中

・OPでマグネットスイッチ押す時の弦ちゃんの笑顔が綺麗すぎて吹く

 
ふわふわふわミサイルルルル~

・弦「うっす!俺の進む道は一直せn」
  「曲がり角に気を付けてねはい次」弦「えっ」
 100%ツッコミを待ってただろお前。

・ウサギのぬいぐるみでバイクごっこするJKが可愛い

トラクローや!俺たちのトラクローが帰ってきた!!
 
掛け声が「せいやー」だったりで100%トラを意識してるよね。
 ペガサス戦では案の定役に立って無かったけど

・ジークンドーvsキックボクシング
 何という異種格闘技戦。流石はエロ&アクション担当の坂本監督
 BGMがShooting Starなのもいい感じ。

橘さん、スイッチを失くす。
 おかげで理事長からは遠回しに物凄い嫌味を言われ、
 ヴァルゴからはプレッシャーをかけられる始末。
 このままだと恐怖心溜まってウワァァァァァァ言い出してもずく風呂に浸かるよ絶対。

・部室に貼ってある前回の部員デフォルメシール

・弦ちゃんのリーゼントは静電気感知器。

・ペガサスの言動とか流れ的に考えても、
 今回のスイッチャーは落研の部長だろうなぁ。
 次回予告にある「証言」も嘘臭いし、
 ペガサスの言動も宇津木センセらしからぬものだったし。

キングが史上最高クラスの輝きを発揮した件
 言葉で表現しようとしたけど色んな意味で無理だった。

・抜群の安定感のマグネット
 鉄の多い場所だと圧倒的な強さを発揮。しかしほぼ直立不動。 
 しかしこれほど監督&アクター泣かせのフォームも珍しい。

・バイクにウィンチ引っかけられて「おい!メテオスターに傷が付くだろ!」って、
 流星って意外とそういうの気にするタイプなんだ。

・挿入歌祭り
 Shooting Starに始まりBounce Back、さらにはENDLESS PLAYまで。
 特にENDLESS PLAYに関してはゲーム専用曲だと思ってたので、
 本編での使用は嬉しい限り。

・ボードのアクションいいな
 流石は坂本監督としか言いようのないアクション祭りでした。

そして予告のサラ髪のイケメンお前誰だよ。


スマイルプリキュア

これは神作品の予感。OPの時点でオーラが違う。
作画・キャラ・話の流れ、全ての面で非常にお腹をいっぱいにさせてくれました。
個人的にはやっぱりピンク押しですが赤や緑も良さげなので迷うところ。
視聴して本当に良かったなぁと思える作品です。


OPの時点で既に黄色があざとい。

みゆきのノリがほとんどシャロ
 
開始1分は何かミルキィかと思ってしまった。

・キャンディに対して「タヌキ?」って聞いてたのは、
 中の人的なネタかと思ったのは自分だけですかね。
 (正しくはトナカイですが)

・忙しい人のためのスマプリキャラ説明
 そして1話の時点で既にミューズ並のあざとさのやよいちゃん・・・
 
・本棚を介して別の場所に移動するのを見てると、
 電王のアレ思い出すね。

・ウルフルンさんが抜群のイケメンだった件
 既に巷では人気だそうで。

・イケメン狼が美少女を追い掛け回して食べちゃうぞとか、
 どう見ても同人誌ですありがとうございました。
 そして数日後、やよいちゃんのネームには、
 ウルフルンさんに襲われるみゆきが・・・
までを想像できた自分は末期です。

・変身アイテムの音声が完全にメテオドライバー

変身するときのみゆきの表情にものすごくそそられます。

・キュアハッピーのアビリティ:ジャンプ力
 仮面ライダーの無意味な設定「ジャンプ力20M」を再現するとは・・・
 しかし前番組でトラクローが出てきた分、バッタを思い出すね。

・とりあえず今回は、
 アへ顔と技不発でガチで沸騰したみゆきでお腹いっぱいです

・プリキュアハッピーシャワーが完全に波動砲だった件
 もしくは萌え萌えきゅーん。

・え・・・EDで作画が崩壊してない・・・だ・・・と・・・?


いやもう1話なのにこのボリュームとクオリティ。
面白くなるまでにかなり時間のかかったスイプリと違って、
最初っからかっ飛ばしていくこのスタンス、嫌いじゃないわ!
本当にこれからが楽しみで仕方がないなぁ。

ブログ始めました。

今まではmixiオンリーでやってきましたが、
大学に入って一人暮らしも一年が経とうとしているので、
節目にと思い切ってついにブログを始めました。


基本は今までのmixiでの更新と同じく感想系や雑記、何らかのレビューが中心になります。
感想っていっても超軽めで適当なので気楽に見ていただければ幸いです。


更新頻度は・・・不明ですねw
一応ニチアサ感想とToLOVEるダークネスの感想は定期的に行う予定です。
サークルの関係もありますので、他の方のような精力的な更新はできないかもです・・・


それでは、よろしくお願いします。
ではでは。

プロフィール

秋

Author:秋
To LOVEる‐とらぶる‐が大好きです。
でもララはもーっと大好きです。
もはやToLOVEる人生そのものなのさ!
と公言してはばからない20歳大学生。


遠征と同人誌購入を繰り返したあげく、
現在絶賛金欠真っ只中。
でもヲタ趣味だけは捨てられない。
結構雑食だったりしますが、
人気タイトルよりもコアな作品が好き。

メインコンテンツは、
・To LOVEる‐とらぶる‐
 (基本ダークネス中心)
・アラクニド
・キャタピラー
・仮面ライダー
・その他いろいろ

トラックバック・リンクフリーです。
してあげたら大いに喜びます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。